メガボーマンダグッドスタッフ -アンチ雨・晴れ-

初めまして。ウォルフォンです。久しぶりの更新ですね。今回は第32回がにゅーオフ全国ダブルの部で優勝した構築について解説します。下に示すのがそのとき使ったパーティになります。

種族値めちゃくちゃ高いですね...(笑) なんやこの厨パ!?って言われそう

 

1. 構築の経緯

1-1. ボーマンダカミツルギに関して

7世代の全国ダブルではこの2匹の並びが強いのではないかと考えていました。その理由は主に2つ。

1つ目は、ボーマンダの苦手な水・フェアリータイプ(だいたいこのへん→)に対してカミツルギが強いからです。

2つ目は、UBの特性ビーストブーストとのシナジーです。7世代からメガシンカしたターンの素早さはメガシンカ後の値で計算されるため、常に攻撃する順番がメガボーマンダカミツルギとなります。それにより、ボーマンダのハイボなどで削った後、カミツルギでとどめを刺してビーストブーストの餌にすることができます。

 

1-2 対クレセドラン

ボーマンダカミツルギが苦手とするものの1つにクレセドランがあります。その並びに強いポケモンとしてカプ・レヒレが入りました。レヒレの苦手な草タイプに対してメガボーマンダが強いというシナジーもあります。

 

1-3 対メガリザードンY

クレセドランに対してレヒレで対策したとしても、メガリザードンYの前では無力です。メガリザードンYは7世代で弱体化を免れたポケモンということもあり、使用率が6世代よりも高く、対策必須です。そこで、天候を変える要因としてバンギラスを採用しました。6世代ではスカーフ型が1番多かったですが、ペリッパーニョロトノに対して同時に出した時に砂になるよう最遅型にしました。また、WCS2017で序盤高速アタッカーで暴れて後半トリル+鈍足アタッカーで〆る戦い方が強いことを学んだので、トリル要因としてクレセリアを採用し、先発、後発という基本選出が決まりました。

 

1-4 対雨クチート

ここまでの5体でフェアリー技に対して安全に受けだしできるのがいなかったのでヒードランを採用しました。6体決まった時点で回してみたのですが、雨クチートにめちゃくちゃ弱いことが発覚しました。そこで、クレセリアの4つ目の技を手助けにしていたのを日本晴れにしました。これにより、晴れ・砂と2つの天候を起こせるようになり、晴れ・雨パはカモれる存在となりました。

 

2. 個別解説

メガボーマンダボーマンダナイト 性格:せっかち 特性:威嚇→スカイスキン

170-166-135-172-110-189 (A4, C252, S252)

すてみタックル / ハイパーボイス / かえんほうしゃ / まもる

カプ・コケコの珠マジカルシャインで大きく削られたくなかったので無邪気ではなくせっかちにしました(6Vボーマンダがせっかちしかなかったというのもあるが)。レヒレが一定数いる環境では流星群は弱いため不採用。そもそも自分のパーティにいますしね。火炎放射は相手のカミツルギを縛るために採用しました。スキン弱体化の影響を受けましたが、素早さの仕様の変更でトータルでは+に動いたかなあと思います。

 

バンギラス@アクZ 性格:ゆうかん 特性:すなおこし

207-204-130-×-121-59 (H252, A252, D4)

いわなだれ / かみくだく / けたぐり / まもる

S:最遅

メガボーマンダの天敵であるクレセリアをワンパンするため、トリル下の制圧力を高めるためにかみくだくベースのアクZを持たせました。バンギラスは攻撃力は高いものの、高威力の攻撃技は覚えないため物足りない感はありましたが、Z技のおかげでその欠点を解消できました。けたぐりは主にヒードランに対する打点として採用しました。

スカーフバンギラスは時代遅れです。7世代からは最遅アクZバンギラスを使いましょう。

 

クレセリア@オボンのみ 性格:なまいき 特性:ふゆう

226-×-140-127-167-81 (H244, C252, D12)

サイコキネシス / れいとうビーム / トリックルーム / にほんばれ

H:2n

S:最遅

本当は冷静で使いたかったのですが、持っていなかったため、VGC2016のときに厳選したなまいきを採用しました。ちなみに冷静で採用したかった理由はH171-D110のメガボーマンダに対してれいとうビームで確1とりたかったからです。持ち物は最初、半分回復きのみを持たせてましたが、発動せずに倒されることが結構あったのでよくばらずにオボンにしました。

 

ヒードラン@いのちのたま 性格:ひかえめ 特性:もらいび

198-×-126-200-127-(忘れた) (H252, C252, D4)

ねっぷう / ラスターカノン / だいちのちから / まもる

素早さに関しては自分のクレセリアより早ければいいかなって感じがします(トリル下で日本晴れ→熱風という動きをするため)。6世代ではシュカの実がほとんどでしたが、7世代ではジメンZが飛んでくる可能性を考えるとシュカの実は弱いと思います。そこで、トリル下での制圧力を高めるためにいのちのたまを持たせました。

 

カプ・レヒレ@こだわりメガネ 性格:ひかえめ 特性:ミストメイカー

175-×-135-161-150-108 (H236, C252, S20)

だくりゅう / ねっとう / ムーンフォース / マジカルシャイン

H:16n-1

全国ダブルでは瞑想してる暇はないと思い、こだわりメガネ型で採用しました。3番目に採用を決めたものの、選出は意外と1番少ないためあまり書くことがない...。とりあえず、こいつは全国ダブルでも強いです。

 

カミツルギ@カクトウZ 性格:ようき 特性:ビーストブースト

135-233-151-×-51-177 (H4, A252, S252)

リーフブレード / スマートホーン / せいなるつるぎ / みきり

ヒードランやガルーラに刺さるため聖剣ベースのカクトウZを持たせました。ガルーラスタンに対してかなり活躍してくれます。思考停止でASぶっぱしましたが、Dのあまりの低さに唖然とすることがあったので誰かいい調整を教えてほしいです。

 

3. 選出と立ち回り

だいたい以下の2パターンで選出します。

①先発: 後発:

②先発: 後発:+?

 

①の選出はガルーラスタンにすることが多いです。②に関しては、天候パ相手によくします。いずれもボーマンダを雑に扱うことがポイントで、仮に1ターン目で倒されてもアクZバンギラスでなんとかなります。

 

4. 最後に

ボーマンダカミツルギは本当に強い並びなので流行ってほしいと思います。もし流行ったらほかの人なら残り4匹をどうかためるか?この系統のパーティに対してどう対策してくるか?楽しみにしたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

質問・意見・感想あればコメント欄かTwitter@WorldRyuverまで