読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨パとメガ枠

初めまして、ウォルフォンです。今年もバトルロードグロリアの開催が決定しましたね。ルールはVGC2016になるのかなと思いきや、予選ではVGC2015もやるとのことらしいです。そこでVGC2015ルールに向けて、いったん自分の頭の中を整理するために、私が得意とする雨パについてブログでまとめたいと思います。自分へのメモ用に書いた部分もありますが、雨パ組んでみたいけどわからないという人の助けになれば幸いです。

 

1. 雨パのメリット

私が雨パを好むのは以下の理由があります。

①考えることが少ない

②環境に刺さっている

③得意、不得意がはっきりしているためパーティが組みやすい

 

①考えることが少ない

雨下で素早さが2倍になる特性「すいすい」を持つポケモンは殆どが水タイプです。雨状態では水タイプの技の威力は1.5倍になるため、特性「すいすい」のポケモンは素早さと火力両方を上げることができます。これは「葉緑素」や「すなかき」を持つポケモンにはできないことです。そのため、特性「すいすい」のポケモンに雨下で手助けハイドロポンプだったり、スカーフニョロトノと一緒に殴ったりといった動作が単純でかつ強力になります。対戦中にごちゃごちゃ考えるのが苦手な私はこういう要素を大切にします。

 

②環境に刺さっている

ここで、去年のWCSで結果を残したパーティを振り返ってみましょう。

f:id:wolfon:20160809135431j:plain

これらの構築を見てみると、水技を半減できるのはモロバレルのみです。BIDCさんやとにーさんの構築に至っては水技を半減できるポケモンはいません(彼らの構築を批判しているわけではないです)。このとおり、VGC2015ルールで強力なパーティの対策をするには雨パ+モロバレルに強いポケモンという構成がいいということになります。VGC2015ルールあるあるの1つ、スカーフ霊獣ランドロスによる上からの岩雪崩怯みも特性「すいすい」のポケモンならランドロスを迅速に処理できるため、怯み事故を防ぐことができるのも雨パの強みです。

 

③得意、不得意がはっきりしているためパーティが組みやすい

雨パに限らず、何かに特化した組み合わせは得意、不得意がはっきりします。それを補完するためにあるメガシンカポケモンと組ませると、補完できる部分・できない部分が発生するので、そこを一般ポケモンで補完するという具合にパーティ構築が考えやすくなります。今回はこの部分について考察したいと思います。

 

2.  雨パの苦手なポケモン

Ⅰ.草タイプ 

タイプ相性上、どうしても草タイプは苦手になります。キノガッサに関しては、冷凍ビームを集中すればなんとかなりますが、耐久の高いモロバレルビリジオン、氷技が効かないメガフシギバナナットレイは無理です。

 

Ⅱ. 高耐久水タイプ

水タイプも水技を半減します。雨エースがルンパッパなら草技で抜群をとれますが、火力UPアイテムを持たせないと一撃では落とせません。相手からの有効打もありませんが、凍える風・電磁波・追い風によるS操作技でサポートされると苦しく、相手の水技の威力も上げてしまうので、水技に耐性がない自分のポケモンに大きなダメージが入ることがあります。トリトドンに関しては、特性「よびみず」がかなり強力で、安易に水技を打てなくなります。

 

Ⅲ. 特防が高いフェアリータイプ

この2匹のポケモンは特防がかなり高く、水技を耐えてフェアリースキンハイパーボイスで返り討ちにされます。キングドラが数を減らしたのもこの2匹が原因だと思われます。一般ポケモンで対策するのであれば、いかりのこなが効かないナットレイシュバルゴ、防塵ゴーグル持ち物理鋼ポケモンが最適です。

 

Ⅳ. (穏やか)化身ボルトロス

オボンの実を持っているのが多く、水技の集中も耐えてきます。特性により電磁波を先制でうてるため、特性「すいすい」を台無しにしてきます。威張られたら目も当てられません。

 

Ⅴ. クレセリア

単純に耐久が高いため、水技があまり効きません。クレセリアから強力な技がくることはないですが、S操作技が豊富なことと瞑想で積まれるとかなりきついです。

 

Ⅵ. 他の天候起動要員

天候を変える手段を相手が持ってると、本来雨に弱いポケモン(など)が選出されます。メガリザードンに関しては、晴れ下で水技を半減にし、バンギラスに関しては、物理耐久が全体的に低い雨パに対して岩雪崩で強力な打点をとってきます。また、砂嵐下では岩タイプは特防が上がるので水技も抜群ながら耐えてきます。しかし、この2匹に関しては、逆に天候をとってしまえば、迅速な処理ができるので一方的に不利というわけではありません。ユキノオーは天候をとっても有効打がないため、雨パの天敵です(私は個人的に敵としてこいつが一番嫌いです)。

 

3. メガ枠と補完

雨パに対してどのメガシンカポケモンと組ませるかで、その特徴がでます。今回はガルーラ、ボーマンダサーナイトクチート、ゲンガーについて考えます。自身が雨エースとなるラグラージは今回は議論しません。

 

・ガルーラ

補完できている部分:Ⅰのナットレイ、Ⅲ

受ける恩恵:特性威嚇の霊獣ランドロスが選出されにくい

雨パにガルーラがはいってるのは稀に見ますが、ガルーラが雨の補完として優秀というよりは、単純にガルーラが強いというだけの印象。自分からきり出しといてなんですが、特に言うことはありません。

 

ボーマンダ

補完できている部分:Ⅰ、Ⅵのバンギラス以外

受ける恩恵:有効打がないヒードランが選出されにくい

雨による高火力技とボーマンダの高いSからのスカイスキンハイパーボイスによる削りが相性がいいです。しかし、Ⅱ~Ⅴの部分が共通して苦手なため、そこまで補完できていないという印象を私は受けています。それらへの対策としては、クレセリアに抜群がとれ電磁波を無効化できるワルビアル、同じくクレセリアに抜群がとれ、フェアリータイプに強いギルガルド候補になると思います。

 

・サナバレル

補完できている部分:Ⅰのナットレイ、Mフシギバナ以外、Ⅱ、Ⅲ(封印があれば)、Ⅴ

受ける恩恵:岩雪崩による怯み事故を防げるため、いかりのこな+ハイパーボイスを決めやすい。ハイパーボイスを半減する炎タイプに雨が強い。

敢えてサナバレルと表記しました。私が個人的に一番雨と相性がいい組み合わせだと考えています。雨パは追い風やトリルといったS操作に弱いですが、サナバレルはそれらにも強いです。雨と共通して苦手になるのは、ナットレイと化身ボルトロスになります。それらへの対策としては、ナットレイに抜群がとれ、ファストガードを覚えるズルズキン候補になります。コジョンドカポエラーでも同じことはできますが、耐性や特性を考慮するとズルズキンが一番優秀です。汎用性やバランスを重視するなら、バルドルさんのようにワルビアル+サンダーがいいと思います。パーティ全体が特殊に偏りますが、そうすることで特性威嚇の霊獣ランドロスの選出率を下げることができます。

 

クチート

補完できている部分:Ⅲ、Ⅴ

受ける恩恵:弱点が炎、地面タイプのみであり、それらに雨が強い

クチートは耐性が非常に優秀で、数少ない弱点に対しても雨で対処できるため、相手が有効打がなくなる所謂詰み状態を作ることがてきます。サナバレルと違って、物理・特殊のバランスがとれるのも良いところです。ただ、意外と雨クチートは弱点が多く、メガリザードンY・大地の力を搭載したサザンドラモロバレルキノガッサトリトドンがそれに当たります。また、特殊技に弱いため、雨ミラーにも弱いです。メガリザードンサザンドラに関しては、ガブリアステラキオンが補完の候補になります。モロバレルキノガッサに関しては、ファイアローや暴風を覚えるファイヤー・フリーザーが候補になります。ファイヤーならサナバレル、フリーザーなら雨ミラーに強くなれます。

 

・ゲンガー

補完できている部分:Ⅰの毒技が抜群なポケモン、Ⅲ、Ⅴ、Ⅵ

受ける恩恵:スカーフ霊獣ランドロスが選出されにくい。かげふみ+雨により炎技を確実に弱体化できる。

特性「かげふみ」が天候の奪い合いに有効で、相手の炎タイプのポケモンを腐らせるこができます。ゲンガーの苦手なスカーフバンギラスに対しても、かげふみで縛って、雨下で特性「すいすい」のポケモンで倒すということができます。雨とゲンガーが組み合わされているパーティは滅びの歌を勝ち筋とする滅びパが多いですが、個人的には雨滅びは雨パだと思っていません。

 

4. 最後に

私は雨パを使いだして1年弱くらいですが、それなりに愛着を感じているのでアローラ地方でも雨パを使っていきたいですね。ここは違うだろという意見やここはどうなんという質問あればコメント欄かtwitter@WorldRyuverまでよろしくお願いします。最後まで読んでいただきありがとうございました。